ブログブログ by 友利昴

自分に関する記事を書いたものです。

∞×知財 #2「オリンピック×知財―オリンピックは誰のものか」イベントレポート

  7月29日、東京オリンピック1年前の時期に、∞×知財 #2「オリンピック×知財―オリンピックは誰のものか」を開催しました! オリンピックに対するアンブッシュマーケティングとその規制の是非をテーマとしたトークイベントです。『アンブッシュ・マーケティング規制法』の足立勝さん、『オリンピック・デザイン・マーケティング』の加島卓さん、『オリンピックVS便乗商法』の友利昴(私)が登壇し、3者の講演とパネルディスカッションを行いました。

オリンピックは誰のものか アンブッシュマーケティング

  実はこの問題を、オリンピックに対する遠慮、忖度、あるいは幻想から距離を置いて語れる論者は少ないんです。その数少ない論者とご一緒できて本当によかったと思います。当日は、忖度なしの数々のストロングな発言が飛び交いました。覚えている範囲でちょっと書きましょう。

・事実上みんなのものと思われている「オリンピック」は著名商標に値しない
・日本だけが2010年代もアンブッシュマーケティングを自粛し続けた
・「オリンピック」を禁句にするだけの企業は忖度バカ


・日本だけがアンブッシュマーケティングに寛容である
・アンブッシュマーケティング民法709条で規制できると考える
・五輪を『日本全体の祭典』として扱う広告はクリエイティビティを欠いている


・アンブッシュ対策をすればするほど市民の五輪への期待値は下がった
IOCに対してはもっと「うっとうしい」と言っていい
・自分の立場のもっともらしさを伝えるのに「ご理解ください」は気持ち悪い

……改めて書き出すと鬼気迫る感じがしますね(笑)。しっかりとしたポリシーを持った論者が、様々な観点から、多角的に論じたがゆえの発言です。でも登壇者全員、互いに刺激を受け合いながらリスペクトを以って参加できたので、とても前向きなイベントでした。もとより結論が同じ方向に収まるはずがないと思っていたので、参加者の皆さんに「正解」を持ち帰ってもらおうとは最初から考えていませんでした。

  そうではなく、なぜアンブッシュは規制されているのか? 規制すべきなのか? 本当に規制できるのか? 本当に違法なのか? 違法と考える余地はあるのか? 社会は規制とどう向き合ってきたのか? 私たちはどう向き合っていくべきなのか? などなど、本質的な問いに向き合うきっかけを作れたら嬉しいと思っていたのですが、壇上から皆さんのリアクションを見る限り、その試みは上手くいったのではないかなぁと思っています。

  以下、イベントの中身をかいつまんで。

続きを読む

「断捨離」で商標権侵害とクレームを受けた場合の反論・対処方法は?

今年の春頃から、コンテンツ内で「断捨離」というキーワードを使ったテレビ番組やYouTuber、ブロガーが、「断捨離」の提唱者とされるやましたひでこさんから、「断捨離」の使用中止を要求された、という件がいくつか報告されています。

具体的な要求態様は正確には明らかでありませんが、クレームを受けたYouTuberのMinimalist Takeru氏によると「商標権の侵害及び不正競争防止法違反になる行為」「タイトル、動画内容、ハッシュタグに『断捨離』を使ったコンテンツは削除すること」「断捨離の表示を用いた活動を行わないこと」「10日以内に誠意ある回答がない場合、法的措置を講じざるを得ない」との内容があったとのことです。

 

 結論から言うと、この指摘、要求には法的妥当性が低いと考えられます。相手方の個別具体的な使用態様にはよるものの、全体的な主張としては、これで本当に法的措置に耐えられるとは思えない。警告テクニック上の常套手段であるブラッフィング(ハッタリ)でしかないと思われます。「断捨離」についてこのような警告を受けた場合、どのように反論すればよいかについて私見を述べます。

形式的に他人の登録商標を使っていても、商標権侵害が否定されるケースがいくつかありますが、この場合は以下の反論がよいでしょう。

「断捨離」は「不要なものにこだわるのを止めて積極的に捨てて整理整頓する」程度の意味の普通名称であり、その意味において使用する場合には、仮に形式的に商品・役務に使用した場合においても商標的機能を果たさず、商標権侵害や不正競争防止法違反には該当しない。

そもそも「断捨離」というのは「概念」として提唱されたものであり、商品名のような、特定の商品や役務を識別するための標識として採用されたものではない。やましたさんは「断捨離」をテーマにした著書を出したりセミナーをされている第一人者ではありますが、やましたさんご自身の書籍やセミナーにおける「断捨離」の使用自体、他人の書籍やセミナー事業と識別するための目印というよりは、単に「断捨離」をテーマにした内容の説明という見方ができます。例えば以下の通り。

断捨離とは一言で言うと「モノの片づけを通して自分を知り、心の混沌を整理して人生を快適にする行動技術」ということになります。

これまで15年近く「断捨離」をテーマにセミナーを続けています

やましたひでこ公式サイト『断捨離』

このように、そもそもの入り口から「断捨離」が、特定の商品やサービスの出所とは結び付きにくい「概念」として使用されていたため、普通名称化の進行も非常に早かった(最初から商標的性質を備えているとも言いがたかったとも言える)。「断捨離」が、不特定多数によって、前記の程度の意味で使用されている例は、簡単に確認しただけでも以下の通り発見されます。実際に反論する場合はもっと集められると思います。

物を整理する断捨離ブームですが、物だけでなく、身辺を整え、心を見つめながら、囚われているものを捨て去り、自分の自由度を少し広げられるように努力しています。
―鎌田實『1%の力』(河出書房新社)2016年

断捨離で うっかり夫 捨てそうに
公益社団法人全国有料老人ホーム協会、ポプラ社編集部『シルバー川柳6 断捨離でうっかり夫捨てそうに』(ポプラ社)2016年

似合わない服を捨てる断捨離に一時はまっていたわたくし。
―マダムX『マダムXの女子力アップ講座』(ごきげんビジネス出版)2014年

断捨離をはじめ、日本では片づけブームが定期的に起こる。
『女性セブン』(小学館)2011年3月10日号

一時期一世を風靡(ふうび)した、身の回りの荷物や物を思い切って捨てて整理整頓する“断捨離”ブーム。
『女子SPA!』(扶桑社)2018年6月3日

「断捨離」という言葉があるように、やりたいことがあればそれに対して邪魔になる人間関係も、一時的に捨てるのです。

―原田陽平『中卒、借金300万でも年収1億円』(PHP研究所)2014年

 商標権侵害や不正競争防止法違反が成立するには、端的には、「断捨離」を使用することで、「この商品やサービスは、特定の誰か(例えばやましたさん)の管理や監修のもとで提供されているものなのかな」という誤認を生じさせるおそれがなければなりません。

しかし、そもそもやましたさんの「断捨離」の使い方からして、述べたように概念やテーマとしての用法が中心です。さらに、先の不特定多数の他人による使用例からうかがえるように、社会通念としても、「不要なものにこだわるのを止めて積極的に捨てて整理整頓する」という程度の意味・文脈による「断捨離」の使用が、特定の誰かを出所とする商品やサービスであると把握される認識は希薄であろうと考えられます(やましたさんがこの「概念」の提唱者であることはある程度知られている可能性があるとしても)
そうすると、商標権侵害や不正競争防止法違反が成立するということは、考えにくいのではないかと思われます。

なお、本件と非常によく似たケースが争われた裁判例として、「朝バナナ」事件というのがあります。「朝バナナ」も、ダイエット法という「概念」として知られ、この概念を紹介した本がベストセラーになり、その本の出版社の登録商標です。その商標権者が、他社の「朝バナナ」を冠にしたダイエット本について、商標権侵害と不正競争防止法違反で訴えたという事案です。本件となんだかとってもよく似た事案ですが、敗訴したのは商標権者の方です。詳しくは判決文をご参照ください(平成21(ワ)657号「朝バナナ」商標使用差止等請求事件)

ところでやましたさんの一連の警告行為が、商標権の普通名称化防止策の一環であることは理解できます。商標権者にとって、普通名称化防止は非常に大事な活動です。ただ、アドバイスしている代理人が良くないのかなぁ、やり方がハッキリ言って稚拙なのです。

通名称化対策の手法として、他人の普通名称的使用に対して、商標権侵害であるかのように警告するというのは悪手です。ビビらせることで一気に解決する可能性はありますが、現状まさに生じているように、使用者の戸惑いや反感、態度の硬化を招く可能性もあります。それが報道やネットで取り上げられて、社会からの反感や反論を招くこともありますし、エスカレートすれば判定請求や確認訴訟で、商標権侵害の不成立が既成事実として認められてしまうおそれもあるでしょう。そうなれば、普通名称化対策など水の泡です。

やましたさんが、本当に「断捨離」を真に効力のある登録商標として確立させたいのであれば、まずご自身の使用態様において、「断捨離」を「概念」ではなく、自他商品識別機能を発揮する態様で使用されることをおすすめします。そして他人の普通名称的使用に対しては、北風ではなく太陽政策を採るべきです。

また、「断捨離」をテーマにした情報発信をしたいみなさんは、一般的な社会通念に基づき、「断捨離」を普通名称だと感じるのであれば、その感覚と認識を大事にして、単に形式的に登録商標であることに対して萎縮することなく、警告を受けたとしても、堂々と使われればよいと思います。

銀シャリ「ギンギラ銀にシャリげなく」 

 

簡素な生き方

∞×知財(ムゲンチザイ) #2「オリンピック×知財―オリンピックは誰のものか」開会式!

  東京オリンピックがいよいよ近づいて来ました。東京五輪のスポンサーは、他の大会よりも異様に多く、街やCMは既にエンブレムだらけであまりプレミアム感がなく、食傷気味という人もいるのでは。しかし、聖火リレーランナー公募をはじめ、そろそろスポンサー独自の施策やキャンペーンが活性化してくる兆しが見えてきています。

  となると、気になるのは「アンブッシュ・マーケティングと呼ばれる、スポンサー以外によるオリンピックに乗じたキャンペーンや広告の顕在化です。大会組織委員会は、このアンブッシュ・マーケティングを規制する姿勢を見せていますが、世間ではアンブッシュ・マーケティングやその規制については賛否で揺れている……というより、いいのか悪いのか誰も上手く理解も評価もできていない状態のように思えます。そんなモヤモヤを晴らしてくれるイベントを、やります

infinity-ip0729.peatix.com

  場所は、東京・日本橋の、社用グループウェアと先進的働き方改革で注目されるサイボウズさんのオフィス内。∞×知財(ムゲンチザイ)というのは、ちざたまご氏と私が主催する、「知財と『何か』を掛け合わせたテーマで開催するトークイベント」で、今回が2回目の開催になります(参照:前回レポート)。「オリンピック×知財―オリンピックは誰のものか」というテーマは、かなり初期のブレスト段階からあったアイデアですが、「やるなら大会開催の1年前の時期だろう」ということでこのタイミングでの採用になりました。

  それで、「このテーマでやるならこの方に出てもらいたい」と僕からリクエストさせて頂いたのが、ニューヨーク州弁護士で『アンブッシュ・マーケティング規制法』(創耕舎)の著者の足立勝さんと、社会学者で『オリンピック・デザイン・マーケティング』河出書房新社)の著者の加島卓さんでした。僕も『オリンピックVS便乗商法』(作品社)という本を書いたのですが、社会とアンブッシュ・マーケティング/アンブッシュ・マーケティング規制の向き合い方を考えるにあたって、これ以上に参考になる本は日本にないだろうなと思ったからです。ちざ氏も賛成してくれて、オファーしたところお二人とも快諾して下さってよかったです。

友利昴、加島卓、足立勝

  3人でどんな話ができるか、まだ分かりません。ちざ氏は当初「友利さんはアンブッシュ推進派で、足立さんはアンブッシュ規制派で、加島さんは中立派ですよね」、くらいのことを言ってたんですけど、多分そんな単純な対立構造にはならないと思います。ただ、ここで私一人が勝手に話を展開するとつまらないので、個人的な感触だけ簡単に書きます(お二人は全然違うことを考えているかもしれませんのであしからず)。

「日本におけるオリンピック組織のアンブッシュ規制には法律上の根拠がなく、彼らはあたかも法律違反であるかのように活動しているに過ぎない」というのはおそらく足立さんも私も同じ見解。そのうえでの問題意識は違っていて、足立さんは多分「オリンピックに限らず、一般的に周知著名商標をアンブッシュから保護する取り組みが必要ではないか」という問題意識をお持ちではないかと思います。私は「合法なものをあたかも法律違反であるかのように規制してくる相手に対しては、安易に流されて自粛するのではなく、自身でしっかり妥当性を見極めて判断すべきではないか」という問題意識を持っているんですね。これは、対立していない。問題意識のベクトルというか種類が違う話です。

  社会学者である加島さんは、アンブッシュ(規制)が良い・悪いとか、こうすべきだというような価値判断は、多分あまりなさらない。足立さんや僕が提示するアンブッシュ(規制)の実像や将来像、あるいは歴史的経緯から、今日の、アンブッシュとその規制の是非に誰も答えを見いだせない混沌とした状態が生まれた背景・文脈を炙り出し、またそれに基づいて、思いもよらない方向からの問いかけやサジェスションを頂けるのではないかと思っています。社会学知財がコラボレーションすることで、答えの出しにくい法的な問いに、今までにない光が当たるといいなぁと思います。

  いや、お二人は全然違うことを考えているかもしれないんですけどね。違ったらすみません! 僕はこのテーマに関する本は書きましたけど、キャリア的にも一番若いし、お二人と違って研究者と呼べるような立場じゃないので、胸を借りるつもりで楽しみたいと思います。ぜひ遊びに来てくださいね。詳細・お申し込みはこちらから!

infinity-ip0729.peatix.com

ついでに、先日「Nobody's 法務」さんが『オリンピックVS便乗商法』の丁寧な書評をアップしてくださいまして、ありがたかったのでご紹介。

kanegoonta.hatenablog.com

ビジネスジャッジとして『「実務上のトラブルを避けるために」という名目で、オリンピック組織の言い分に従うことをよしとする』という判断も一定程度理解はできるところ。このあたりは、よく法務界隈でも話題になりますが、悩ましいところではあります。みなさん、もし事業部(弁護士・弁理士の方であれば顧客)からアンブッシュ・マーケティングの相談がきたらどう答えますか?

という問題提起をされておられます。これは悩みますよね。私は前述の問題意識でこの本を書いたんですが、実務において「アンブッシュ・マーケティング規制のカラクリをきちんと分かったうえで、自ら穏当路線を選択する」ことは、まったく筋の通った話だと思います。「よく分からない規制だけど、なんかNGだよね」って自粛してしまうのとは、結果として同じ行動だとしても、判断の質が全く違うと思いますから。世の中には「違法じゃないんだから何やったって問題ない!」と正論?を言い続けてそのまま地獄に落ちて行く人もいますからね。僕だってそんなことやってませんよ、実務では!分かったうえで(また法務担当者であれば、現場にも分からせたうえで)、それぞれの道を選ぶことが大事なんだと思います。

友利昴、加島卓、足立勝 ムゲンチザイ アンブッシュマーケティング